女の人

米国の協会による認定が必要|nlpの日本支部

支援を必要とする人のため

大学生

生活に困っている新潟の人のために支援や相談、援助を行うのが社会福祉士の仕事になります。社会福祉士という資格がありますがこの資格を取るためには、福祉についての学習や知識を持っていなければ、受験をすることができません。

More...

国家資格の受験が必要

勉強

新潟で社会福祉士を目指すなら、まずは自分がどの進路を選ぶかが第一歩となります。短期間で社会福祉士をめざすなら、福祉系の4年生大学を選ぶと良いですし、まだやりたい仕事が決まっていないなら一般の大学に通うと良いでしょう。

More...

言語と脳の心理学とは

従業員

言語の使い方に着目しながら脳科学も組み合わせた心理学にnlpと呼ばれるものがあり、ビジネスの場面で活用されていたnlpの理論は医療関係者にも注目されています。この心理学はもともと米国で誕生・発展していったこともあり、拠点を米国に置きながら日本にも公式の協会が設置されています。本拠地と日本の協会の関係性として、日本で取得できるnlpの資格はすべて米国の協会の認定が必要ということが挙げられます。民間資格であるnlpには類似した資格もありますが、本拠地公認のものでなければnlpに関する活動ができないということを覚えておきましょう。以上のように、nlpは米国を拠点としながら日本では支部として設置された協会が資格の授与を行っています。

nlp日本支部である米国公認の協会の活動は、主にセミナーの実施・トレーナーの養成・コーチングという3つに分けられ、それぞれが協会やトレーナー主導の下で行われます。基本的にこの心理学の学び方は協会主催のセミナーやトレーナーの指導を受けるという形で、段階的に講座を受けることで資格取得を目指します。一定の資格を得たらトレーナーとしてnlpの指導や資格の授与に携わることができ、個人に対して目標の達成をサポートするコーチングと呼ばれるカウンセリングを行うことができます。上記のように、nlp協会の活動には、セミナーの受講をメインとしながら資格取得によってトレーナーを養成し、コーチングで個々の目標達成を助けているという特徴があります。

資格を取るには

女性

社会福祉士は要介護者から相談を受けたり、適切なアドバイスやサポートを行う、高齢化社会が進む日本では欠かせない人材です。新潟には社会福祉士を目指すための福祉系大学や、専門の養成機関がありますから、まずは、しっかりと自身にあった学び方を考えていきましょう。

More...